緑ヶ丘第一小学校
緑ヶ丘第一小学校
東芳小学校
東芳小学校

第20回全日本ドッジボ-ル選手権 福島県大会

今年になって初めてエントリ-して出場した大会でした。

春先からの人手不足のため、各交流大会には一切出れずに来ましたが、何とか本番には参加することができてホッと一安心。

 

結果の方は5戦5敗の惨憺たるもので、チ-ムをK監督からお預かりしての申し訳ない結果ですが、正直、これで良かったと思っています。

春先から練習よりも礼儀作法を優先させていましたが、子供達が自分で約束したことを守らないのであれば練習をしないというちょっと強引な喝を入れさせていただきまして、結果、守られていないので練習をしない、勝つための努力をさせないで試合に臨みました。

試合前も試合後も、自分がやらなければいけないことをやらなければ勝てないということだけアドバイスし、自分達が本当に勝ちたいのなら試合でその努力する姿を見せるようにだけにしました。

このやり方が良かったか、悪かったか、はこれから春に向けてチ-ムを作るために今やらなければいけないことだと感じたからです。

今までと同じことをやっていても子供達に変化がなかった以上、どこかで指導者も子供達も変わるキッカケを掴まなければ、そのタイミングは今しかない。

子供達を一生懸命に応援してくる保護者の皆様に恩返しできるように、一つでも勝つということを味わえるようにしばらく綱渡りしようかと思います。

 

その意味では声をかけていただき、ガ-ルズドッジに6年生、5年生を参加させていただいたうえ試合にも使っていただいて、見事優勝したメンバ-に入れたことは子供達の自信になったことでしょう。

ガ-ルズの指導を引き受けて下さったI監督、Sコ-チ、Yマネ-ジャ-には感謝にたえません。

そして、全国大会出場に向けて引き続きご指導よろしくお願いします。

 

まずは、今日与えた課題をどこまでやってくるか。

今日学んだことを次回以降の練習にどうしてくるか。

自分が変わることを気づかずに変われるか。

今日仕事を出来なかった選手諸君、君達のことだからね。

 

勝ちたい、と本気で願うならば、自分がやらなければいけない目標を見つけて、自分を許すことなく努力しなければその先にある喜びにはたどり着けないからね。

 

頑張ろう。